病院ではどのようなシミ治療が行われているか

シミには色々な治療法が確立されていますがどの方法が有効なのかはそのシミの性質によって変わってきます。

同じ方法でも治療効果が高いものものあれば効果が期待できないものもあることから、まずはそのシミがどのようなものであるのか正しく判断する必要があるのですね。色や形状、境界線などで分類しやすいので、お医者さんの見立てを信頼して安心して治療を受けましょう。年齢とともに浮き出てくる困りもののシミには、老人性色素斑と肝斑があります。老人性色素斑と聞くと、深刻な老化現象や病気に思えるかもしれませんが特別なものでもない単なる普通のシミのことです。

このタイプにはQスイッチルビーレーザーというマシンを使った治療が非常に有効です。レーザーを使うので皮膚にダメージがあるのではないかと心配する人もいますが、このマシンのレーザーはメラニンにしか作用しないので肌へのダメージという心配はいりません。Qスイッチルビーレーザーは老人性色素斑の他にも、青あざの治療にも役立ちます。

肝斑は女性が30代になると出現しはじめる左右対称で薄茶色の見た目をしています。このタイプにもレーザーが有効なのですがQスイッチルビーレーザーを使うと逆に肝斑がますます濃くなってしまうという作用があります。肝斑を薄くしてくれるレーザーはメドライトC6というマシンが有効です。肝斑を消してくれるだけではなく、毛穴の引き締めやくすみの解消といった美容効果もあるマシンです。
東京でシミ治療のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *