配管からの水漏れトラブル

配管から水漏れが発生しているのを見つけた時には、応急処置を行うことが大切です。

トラブルを目の当たりにすると慌てて業者に電話を入れる人も多いのですが、まずは応急処置を済ませてから落ち着いて連絡を入れるのが得策です。この処置で被害が広がるのを防ぐことができ、業者の到着が遅れてしまいそうでも焦らずに待てます。作業としては、給水管と排水管のどちらからトラブルが発生しているのかを見極めるのが先決であり、その発生箇所で対処法が異なります。給水管部分にトラブルが起きたら、蛇口を捻っていなくても漏れ出てきますので、専用のテープで補強を行うことが大事です。元栓を閉めて完全にストップさせた状態でテープを貼るのですが、内部に残っている部分は出続けますので覚えておきましょう。

ホームセンターに行くといくつものテープが売られており、使いやすいものを選んで何重にも巻くことで一時的に止めます。選ぶ際のポイントとして、耐久性は高い方が安心して使えます。排水管部分にトラブルが発生しているケースでは、蛇口を捻っている時だけ出てきますので、箇所の切り分けは意外と簡単です。使用を止めればとりあえずはストップさせることができ、同じようにテープで補強して次の手段を考えるのが得策です。これら以外の箇所では、目視で確認できない床下で発生することもありますが、この場合は元栓を閉めて業者に依頼するしかありません。見えない部分は専門家に任せる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *