京都の水道の歴史は

京都の水道の歴史は、明治維新後に遡ります。

東京遷都によって人口が激減したため、衰退の一途をたどりました。その当時の第三代府知事の北垣邦道が、その衰退した京都の復興策として始めたのが水道事業です。都市の復興のために、琵琶湖から水を引く産業振興の計画を立てました。水の力で産業振興を図ろうとしたのです。その琵琶湖から水を引く計画は、琵琶疏水と呼ばれました。豊富な琵琶湖の水を京都まで引いて、飲料水として利用するという計画です。当時の東京工部大学校を卒業したばかりの田邊朔郎とともに工事に着工し、4年8カ月ほどの歳月を費やして琵琶湖疏水が完成します。

明治23年、西暦1890年のことです。完成した琵琶湖疏水を活用した水力発電事業や水車動力は、その後の産業を大きく発展させました。疏水を利用した水運業も盛んに行われるようになり、新しい活力を得る事に成功したのです。その偉大な産業遺産である琵琶湖疏水の全長は約20キロメートルになります。大津市の観音寺から伏見区堀詰町までが、第一疏水です。第二疏水は、全線トンネル式で、第一疏水の北側を並行する全長約7.4キロメートルになります。左京区の蹴上付近から分岐して、北白川に至る全長約3.3キロメートルです。疏水分線などから構成されていて、今も活躍しています。明治45年、西暦1912年に完成した第二疏水から取水する、日本で最初の急速濾過方式を採用した蹴上浄水場が完成しました。この蹴上浄水場が、京都の水道事業の誕生と言われています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *