京都の水道水を飲む工夫

京都の水道水を飲みたくないなら市販のミネラルウォーターを購入するのが妥当ですが、飲む事になったら日光に当てたり、レモン汁を入れたりといった工夫をするだけで飲みやすくなります。

京都の水道水は水源である琵琶湖の深刻な汚染のせいで、「まずい」という声が後を絶たないです。琵琶湖は元々、プランクトンや雑菌が気温とともに繁殖しやすい場所ですが、建設された道路や流れ込む生活排水など近代化による影響が、水質の悪化を後押ししています。新しい水道管の導入が未だに実現していない事も、京都の水が「まずい」という評判の要因になっています。観光客なら、持ち運びやすいミネラルウォーターを自動販売機やコンビニで購入するのが無難な水の確保の方法ですが、観光する日程が長ければ長いほど負担になるため、ペットボトルに京都の水道水を入れる方法もコスト削減のためにありです。味の好みはありますが、味さえ我慢してしまえば飲めます。我慢できない人には、飲むための工夫がお勧めです。

その方法の1つである日光を当てるというのは紫外線を利用し、水の中に含まれている塩素を分解してもらいます。結果カルキ臭が軽減されますが、通常なら2日から3日かかる作業です。屋外なら日陰さえなければ6時間以上かければ問題ないものの、夏場は逆効果になる恐れがあるため、6時間経過したらすぐに冷やす事を推奨します。レモン汁を入れる方法はビタミンCが塩素を反応させ、結果としてカルキ臭を抑制させるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *